​私たちのミッション

​クラウド

​アジャイル

クラウド×アジャイル分野での卓越した技術力で、​お客さまのデジタルビジネスを支援します。

デジタルトランスフォーメーションの必要性が叫ばれる昨今、最先端のテクノロジーを活用した新規ビジネスを創出し、ユーザーとの接点強化を図ることが企業の重要課題となっています。新しいデジタルビジネスを素早く形にし、市場の変化に応じて改良を加えていくアプローチが求められている中で、私たちは、お客さまに最適な形で開発支援をいたします。2018年には、アジャイル開発に特化した『 Agile Studio Fukui 』を福井本社に開設し、共創型のアジャイル開発サービスを提供しています。

私たちの強み

Web、アジャイルの分野では、モダンなWeb技術、Scrumをベースに、数多くの経験と実績があります。

クラウドの分野では、AWS™ やGCP™ を中心に、数多くの経験と実績があります。

ミッションクリティカルな分野では、創業当初からの経験と実績があり、品質に定評があります。

​文化や技術背景の異なる多様な人材が集まり、創造的な取り組みを行う土台があります。

ITサービス事業部は、​Webサービス、金融、医療、組み込みなど、さまざまなドメインの経験者が60名以上集まってできた組織です。それぞれ異なる文化や技術背景を持ち合わせたメンバーでビジネス面ではお客様の多様なニーズに応えるチームを提供することができ、採用面では個性のある人材を歓迎する文化があります。

ワークライフバランス

​育児休暇

社員が仕事と子育てを両立することができるよう、育児休暇や育児時短制度など、様々な制度や環境を整えています。男性社員も育児休暇を取得しています。

在宅勤務

自宅で作業することを認め、場所や時間がとらわれない働き方、そのための環境整備を積極的に進めています。また会社への通勤圏外で働くリモート勤務の制度もあります。

短時間勤務

育児や介護にたずさわる社員を対象に、勤務時間を短縮することができます。「育児から復帰した女性社員」の利用が多いですが、今後は「介護を目的とした男性社員」の利用が増えると予想されます。

時差出勤

社員一人ひとりのライフスタイルに合わせて7:00~11:00の間で各自出社時間を設定することができます。

半日有給

従来の「午前休」「午後休」という半休制度より柔軟に休暇の取得が可能です。1日のなかで合計4時間の有休が取ることができます。

成長への支援

社外コミュニティ

/イベントの参加支援

社外の人とのつながりを作る、最新の技術をキャッチアップすることを目的に、社外のイベントや勉強会の参加を支援します。業務の一環として認めるため、参加費だけでなく、国内、海外問わず、遠方での開催の場合には交通費、宿泊費を支援します。

社内勉強会の主催/参加支援

社内の人との交流を促進し、技術を広めることを目的に、社内勉強会の主催や参加を支援します。業務の一環として認め、勉強会に必要な書籍や機材などの購入を支援します。

技能表彰

社員のやりがい、自主性、能力の向上を支援することは業績向上と社内の活性化に大きく貢献します。会社が推奨している資格を取得した場合、技能表彰を行います。表彰にあたり、報奨金が授与されます。

資格取得支援

社員の成長意欲に応えるため、社内で推奨していない資格であっても一定の要件を満たせば、事業部は受験料を支援します。高額な研修費を必要とする場合、事業の方向性と合致し、取得価値が認められれば受験料だけでなく、研修費も支援します。

PC購入

使いたいPCを自分で選んで購入することが出来ます。PCは原則、3年以内で買い換えます。OSも好きなものを使うことができます。

開発環境整備基金

開発者が能力を発揮できることを大事にし、自分好みの環境を作っていける文化があります。そのために、メンバー自身が考えて執行できる予算があります。開発に必要なPC以外の道具を自分で選んで購入する事ができます。

書籍給付金

印刷された紙書籍だけでなく、電子書籍の購入も認めています。

​オープンな組織

コミュニケーションの活性化

事業部内の公式のコミュニケーションはチャット(idobata)を採用しています。プロジェクトにおいてお客さまとのコミュニケーションもチャットを積極的に活用しています。気軽に発言できるチャットの利用は、組織のコミュニケーションの活性化に役立っています。

事業部のToDo/課題共有

事業部のToDoや課題を GitHub Issues で管理しています。参加したいイベントや購入したいものについても、GitHub Issues にあげて決裁します。メンバー全員が見えるところでオープンに議論が進みます。

運営会議

週に1回、管理職だけでなく、エンジニアや営業などさまざまな役割の代表者が参加し、事業部の課題や方針について検討します。さまざまな意見を取り入れながら議論を進めています。

一斉会議/懇親会

1ヶ月に1回、事業部のメンバー全員が集まり、事業部の状況やメンバーからのさまざな活動報告など、幅広く共有します。事業部や仲間のことを知る、自ら発信する、場になっています。一斉会議のあとには、懇親会を行っています。

合宿/イベント

年に1~2回は事業部内の合宿やイベントを行っています。テーマはさまざまですが、事業部の成果やビジョンを共有するためのイベント、興味ある技術を深めるためのハッカソンを行っています。温泉などの宿泊施設に1泊して、メンバー同士が交流するのも楽しみのひとつです。

​株式会社永和システムマネジメント ITサービス事業部

© 2019 ESM, Inc.